TEST OF PRACTICAL JAPANESE

日本語参照枠・CEFRとJ.TEST

  • HOME »
  • 日本語参照枠・CEFRとJ.TEST

「CEFR」とは、語学能力を6段階(A1、A2、B1、B2、C1、C2)で評価する国際的な基準です。
ヨーロッパ言語の基準でしたが、各言語でも利用されています。

日本語も「日本語教育の参照枠」として、CEFRと同じ6段階(A1、A2、B1、B2、C1、C2)の評価基準が定められました。

一番下がA1で、一番上がC2です。

下記はおおよその目安です。

J.TESTのパンフレットも参考にしてください。→JTEST-AC-ED-FGver5

*CEFR=Common European Framework of Reference for Languages
日本語訳「ヨーロッパ言語共通参照枠」

*「日本語教育の参照枠」=文化庁作成

https://www.bunka.go.jp/koho_hodo_oshirase/hodohappyo/93463101.html

*注:JLPTとCEFRの対応関係については、下記の資料をもとに、弊社独自の判断(**)で表にしました。
参考ですので表では、かっこ「( )」をつけています。

国際交流基金(2011年、2013~16年の2回の関連調査)
https://www.jfstandard.jpf.go.jp/pdf/jfs_jlpt_diagram2017.pdf
(**)上記資料においてN1、N2、N3は、合格率が最も高いそれぞれのレベルを選びC1、B2、B1相当としました。

上智大学言語教育センター資料

http://www.sophia-cler.jp/study/ja/pdf/LevelsofJapaneseLanguageCourses.pdf

明治大学資料

https://www.meiji.ac.jp/cip/english/programs/mjlp/jp/program.html

国土交通省資料
https://www.mlit.go.jp/kankocho/content/001614076.pdf
(**)p.3 3-(1)のイにおいて、JLPTのN4がCEFR A2相当の試験(国際交流基金日本語基礎テスト)と同等、とされています。

その他に、法務省の資料でも、JLPTのN4がCEFR A2相当とされています。

受付時間 10:00-17:30(土・日・祝日を除く) TEL 03-5875-1481(公開試験) 03-5875-1231(準会場試験・随時試験)

PAGETOP
PAGE TOP