TEST OF PRACTICAL JAPANESE

旧J-TEST(~2019年3月)

  • HOME »
  • 旧J-TEST(~2019年3月)

(参考資料)2019年3月までの試験と基準

A-Dレベル試験

・ 1000点満点で点数によって能力を特A~D級に判定します。
・ 400点以上の方には認定証が発行されます。
・ ただし「8分野の得点でゼロ点がないこと」が条件です。

[出題内容]
● 読解試験 80分
1 文法語彙問題
2 読解問題
3 漢字問題
4 記述問題

● 聴解試験  約45分
1 写真問題
2 聴読解問題
3 応答問題
4 会話・説明問題

● 読解試験終了後すぐに聴解試験が始まります。休み時間はありません。

[点数と評価]

● 1000点満点(読解500点、聴解500点)
————————————————

< 特A級 > 930点以上
様々な分野、場面において、専門的な話題も理解し対応できる高度なコミュニケーション能力がある。

< A 級 > 900点以上 (CEFR C2)
様々な分野、場面において、専門的な話題も理解でき、十分なコミュニケーション能力がある。

< 準A級 > 850点以上
様々な分野、場面において、一般的な話題をほとんど理解でき、十分なコミュニケーション能力がある。

< B 級 > 800点以上
一般的な分野、場面において、十分なコミュニケーション能力がある。

< 準B級 > 700点以上 (CEFR C1)
会社や学校において、十分なコミュニケーション能力がある。

< C 級 > 600点以上 (CEFR B2)
会社や学校において、基本的なコミュニケーション能力がある。

< D 級> 500点以上
会社や学校において、限定的なコミュニケーション能力がある。

<準 D 級> 400点以上 (CEFR B1)
日常生活の限られた場面で、基本的なコミュニケーション能力がある。

<認定なし> 400点未満

————————————————-

日本語能力試験N1 =650~700点
日本語能力試験N2 =550~600点
日本語能力試験N3 =400~450点
*日本語能力試験との比較は目安です。

E-Fレベル試験

・ 500点満点で点数によって能力をE~F級に判定します。
・ 250点以上の方には認定証が発行されます。
・ ただし「8分野の得点でゼロ点がないこと」が条件です。

[出題内容]

● 読解試験 70分
1 文法語彙問題
2 読解問題
3 漢字問題
4 記述問題

● 聴解試験 約30分
1 写真問題
2 聴読解問題
3 応答問題
4 会話・説明問題

● 読解試験終了後すぐに聴解試験が始まります。休み時間はありません。

[点数と評価]

●500点満点(読解300点、聴解200点)
————————————————-
< E 級> 350点以上(CEFR A2)
初級レベルの日本語の範囲ならば、コミュニケーションができる。
< F 級> 250点以上(CEFR A1)
初級レベル前期の日本語の範囲ならば、何とかコミュニケーションができる。
————————————————-

日本語能力試験N4= 350点~(E級)
日本語能力試験N5= 250点~(F級)
*日本語能力試験との比較は目安です。

 

音声データ 2016AD-mp3

124AD-mp3 (62 ダウンロード)
125AD-mp3 (15 ダウンロード)
126AD-mp3 (12 ダウンロード)
127AD-mp3 (13 ダウンロード)
128AD-mp3 (13 ダウンロード)
129AD-mp3 (18 ダウンロード)

TEL 03-6273-1814 受付時間 10:00-17:30(土・日・祝日を除く)

PAGETOP
Copyright © J.TEST日本事務局/日本語検定協会 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.