2012/11/22

「G級試験実施」と「準F級判定変更」について

2013年1月試験より、下記の通り「Gレベル試験」を実施します。
また同時にEFレベル試験においてE級、F級判定を調整し「準F級判定」がなくなります。

◆ 「Gレベル試験」について
EFレベル試験の対象は、日本語学習時間が150時間でした。学習時間150時間未満の学習者のために、2013年1月試験より「Gレベル試験」を実施します。
なお、海外での実施は、日本国内の実施とは異なります。
(1)対象 日本語学習時間が150時間未満の日本語能力入門レベルの方
      日本への技能実習のために日本語を学んでいる方
      *日本語学校に入学を希望される方は必ず「EFレベル試験」を受験して下さい。
(2)想定学習時間 日本語学習時間80時間以上
(3)レベル判定 200点満点で得点。60%以上で合格(G級認定)
(4)試験時間 90分(聴解20分、読解70分)
(5)概要         
Gレベル試験
・200点満点で、120点以上で合格(G級)。
・ただし、「8分野の得点が全て20%以上であること」

[出題内容]

● 読解試験 70分
1 文法語彙問題
2 読解問題
3 漢字問題
4 記述問題

● 聴解試験 約20分
1 写真問題
2 聴読解問題
3 応答問題
4 会話・説明問題

● 読解試験終了後すぐに聴解試験が始まります。休み時間はありません。

[点数と評価]

●200点満点(読解120点、聴解80点)
————————————————-
< G 級> 120点以上
非常に簡単な日本語を使ったコミュニケーションができる。
(自己紹介など簡単な表現ができる)
————————————————-
<認定なし> 120点未満 
————————————————-

◆ 「EFレベル試験」の変更について

・Gレベル試験実施に伴い、EFレベル試験の難易度を調整し、「準F級」がなくなります。
・日本語能力試験との比較(参考値)は下記の様になります。

E級(350点) = 日本語能力試験N4(旧3級)程度
F級(250点) = 日本語能力試験N5(旧4級)程度

*日本語能力試験との比較は目安です。


コメントは受け付けていません。